車売却の際は業者側が期限を決めている

自動車の買い取りの予定がある人は

自動車を手放す場合や、愛車の売買のさいも印鑑証明という書類がなければなりません。この印鑑証明について説明していきます。印鑑証明書とは、実印であるという事実を実証する公式な書類です。印鑑証明書がなければ、使っている印鑑が実印として認められていることが保証できません。大きなお金が動く商談になる自動車の売却なのでどうしても実印が要ることになりますが、それと同時に印鑑証明が要るのです。印鑑証明書を実際に発行するにははじめに印鑑証明をする必要があります。印鑑証明書に登録する印鑑は実印といい同じものが二つとない印である必要があります。この印鑑を手配して自分が住む役場の窓口へ出向けばすぐに印鑑登録できます。印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードなるものが発行され、登録した印は実印ということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうためには市町村役場の受付で、専用の用紙に必要事項を記載して、印鑑登録カードを持って行くだけでできます。また自動交付機で印鑑証明書を交付してもらうことができます。印鑑証明には有効期限などはありません。ですから、どんなに前の印鑑証明でもその効力は半永久的に持続するということになります。ですがクルマ買取のときには必要になるのは現在より3ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。普通は有効期限などはないですが、車売却の際は業者側が期限を決めているので、仮に自動車の買い取りの予定があるとしたら、手放す前に用意しておくとスムーズに進みます。